町田瑠唯のプレーの特徴や強さの秘訣とは?何が凄いのか徹底解説!

町田瑠唯のプレーの特徴や強さの秘訣とは?何が凄いのか徹底解説!Wリーグ

東京オリンピックでの活躍が認められ、世界最高峰の女子バスケットリーグであるWNBAからも興味を示されている町田瑠唯選手。

 

小柄にもかかわらず、物怖じしないアクティブなプレーは世界中を釘付けにしました。

 

 

国内のみならず海外からも注目される町田瑠唯選手ですが、どんなプレーの特徴を持っているのか気になるところ。

 

町田瑠唯選手の強さや何が凄いのか、詳しく知りたいですよね。

 

 

ということで、今回は町田瑠維選手のプレーの特徴や強さの秘訣から、何が凄いのかについても徹底解説していきます!

 

スポンサーリンク

町田瑠唯のプレーの特徴や強さの秘訣とは?

https://twitter.com/japan_jba/status/1423649754907496449?s=21

 

東京オリンピックにてオリンピック記録を更新するなど大活躍を見せた町田瑠唯選手ですが、一体その強さの秘訣はどこにあるのでしょうか。

 

町田瑠唯選手のプレーの特徴や強さの秘訣を5つにまとめてみました。

 

 

  1. 華麗なアシストパス
  2. キレのあるドライブ
  3. どこからでも打てるアウトサイドシューター
  4. 小柄を生かしたスピード
  5. バスケットIQの高さ

 

 

では、それぞれ詳しくご紹介していきましょう。

 

1.華麗なアシストパス

 

町田瑠唯選手の最大の特徴は、予測された的確なアシストパス

 

東京オリンピックでも1試合18本ものアシストを決めるなど、その鮮やかなアシストパスで世界中を魅了しました。

 

バスケの1試合で18アシストとは驚異的な数字であり、NBAでも1試合の平均アシスト数で最も高いのはマジック・ジョンソンの11.2アシスト。

 

 

 

町田瑠唯選手のアシストは折り紙付きで、過去にはU-19世界選手権とWJBL2014-15シーズンにおいて、共にアシスト王に輝いています。

 

日本代表として戦ったU-19でもアシスト王を受賞していることから、町田瑠唯選手は既に10代から世界に通用するアシストパスを武器としていたことがわかりますね!

 

 

 

また、町田瑠唯選手は自身のアシストの強さの秘訣について、視野の広さではなく状況を予測することが重要だと答えています。

 

よく視野の広さを挙げられる町田瑠唯選手ですが、本人曰く視野の広さは周囲と変わらないとのこと。

 

それよりも相手や味方がどんな動きをするかなどの予測を常に立てることで、的確なパスを出せると語っています。

 

だからこそ町田は、まるで後ろが見えているかのようなパスを的確かつ瞬時に繰り出すことが出来るのですね!

 

2.キレのあるドライブ

町田瑠唯選手の特徴は、アシストのみならず自らインサイドに切り込むドライブも得意としていること。

 

ポイントガードとして高いハンドリング技術とスピードを兼ね備える町田瑠唯選手は、例え複数のディフェンスにつかれても相手を置き去りにするほどのドライブ技術を持っています。

 

 

1on1はもちろんのこと、相手が大柄な選手であればあるほどスピードや緩急をつけたドライブでゴール下に入り込むことができるのです。

 

すると、相手ディフェンスもカバーに出ざるを得なくなりますが、町田瑠唯選手の場合は自らも得点できるうえ、フリーの選手にアシストもするため、ディフェンス側からすれば脅威の存在と言えるでしょう。

 

3.どこからでも打てるアウトサイドシューター

ポイントガードを務める町田瑠唯選手ですが、実は自身も優れたアウトサイドシューターの1人です。

 

 

町田瑠唯選手はアシストパスを得意とするため、ディフェンス側もそれを意識した対応をしますが、それ故にできた隙を見逃さずにアウトサイドシュートを放ちます。

 

ピック&ロールを利用した3ポイントシュートやミドルシュートまで得意としており、相手ディフェンスを翻弄するのです。

 

ピック&ロールとは、ボールを持った選手をガードしているディフェンダーに対してスクリーンを仕掛けた(ピック)後、自らフリースペースに動いて(ロール)、パスを貰うプレーのこと。

 

 

東京オリンピックでも、町田瑠唯選手のアウトサイドシュートを嫌がった相手チームがタイトなディフェンスを見せていたのは印象的でした。

 

4.小柄を生かしたスピード

 

町田瑠唯選手は身長162cm、体重57kgという小柄な体格を最大限に活かした、スピードを特徴としています。

 

身長162cmは日本人女性の平均からすれば決して低い方ではないものの、バスケットボール選手ともなると非常に小柄な方です。

 

 

特に海外の選手ともなると身長2mを超える選手も多く、町田瑠唯選手との身長差が40cmを超えるマッチアップもザラではありません。

 

しかし、町田瑠唯選手の強さは小柄を活かしたスピードであり、相手が大きければ大きいほどそのスピードが強みとなります。

 

大柄な選手が小柄な町田瑠唯のスピードに対応するのは難しく、やっと止めたと思ってもファウルを取られてしまうこともしばしば。

 

 

こうして町田瑠唯選手は、自身の小柄な体型をネガティブに捉えるのではなく、自身の武器の1つとして昇華させたのでした。

 

5.バスケットIQの高さ

アシストパスの項目でも少し触れましたが、町田瑠唯選手はバスケットIQが高いのも特徴の1つです。

 

バスケットIQとはバスケにおける知能指数のことを指すもので、町田瑠唯選手はこのバスケットIQが非常に高いプレーヤーです。

 

 

町田瑠唯選手が務めるポイントガードというポジションでは、常に状況を把握して最適な手段を導き出すのは必然な役割となるため、高いバスケットIQが求められます。

 

町田瑠唯選手は小学生時代からスクリーンやゾーンプレスなどのフォーメーションプレーを行っており、自分のバスケットIQの原点はここにあると明かしています。

 

小学生時代から様々なパターンを予測しながらプレーをしてきていることが、今や数千ものパターンを操る高いバスケットIQを持つ町田瑠唯選手を形成しているのですね!

 

 

ちなみに、町田瑠唯選手は東京オリンピックでの活躍が認められ、女子バスケの最高峰WNBAの複数のチームが獲得に興味を示しています

 

町田瑠唯選手は自身の所属する富士通レッドウェーブでの優勝が目標であることに変わりはないとしながらも、WリーグとWNBAはシーズンの時期が被らないため、WNBAに挑戦できる可能性はあると言います。

 

まとめ

 

さて、今回は町田瑠維選手のプレーの特徴や強さの秘訣に加え、何が凄いのかについても詳しくまとめてみました。

 

 

町田瑠唯選手のプレーの特徴や強さの秘訣は、以下の通りです。

 

  1. 華麗なアシストパス
  2. キレのあるドライブ
  3. どこからでも打てるアウトサイドシューター
  4. 小柄を生かしたスピード
  5. バスケットIQの高さ

 

 

こうして見てみると、町田瑠唯選手はポイントガードというポジションに必要な能力を全て兼ね備えており、彼女は何が凄いのかがよくわかります。

 

そんな町田瑠唯選手の強さは世界でも通用されることが証明されたので、町田瑠唯選手が日本人4人目のWNBAプレーヤーとなる未来を是非見てみたいものですね!

 

 

町田瑠唯選手について、他にも詳しくまとめています!

>>町田瑠唯の年収(年俸)はいくら?オリンピック報奨金額がすごい?

 

>>町田瑠唯の出身小学校は?中学や高校・大学に現在の所属チームは?

 

>>町田瑠唯のピアスのブランドはどこ?通販で購入できるか調査!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Wリーグ
気まぐれまとめサイト