町田瑠唯の出身小学校は?中学や高校・大学に現在の所属チームは?

町田瑠唯の出身小学校は?中学や高校・大学に現在の所属チームは?Wリーグ

東京オリンピックで史上最高記録のアシストを決め、日本から世界を代表するPG(ポイントガード)へと成長を遂げた町田瑠唯。

 

彼女の繰り出す華麗なパスは世界を魅了し、身長が重視されるバスケットボールにて低身長でも世界と戦えることを証明しました。

 

 

そんな町田瑠唯の強さはどこからきているのか、出身小学校・中学・高校・大学時代のエピソードや、現在の所属チームについても気になるところ。

 

ということで、今回は町田瑠唯の出身小学校・中学・高校・大学から、現在の所属チームに関しても詳しく調べてみました!

 

スポンサーリンク

町田瑠唯の出身小学校に中学や高校・大学は?

町田瑠唯の出身小学校は?中学や高校・大学に現在の所属チームは?

 

町田瑠唯選手の出身校は、以下の通りです。

 

 

  • 小学校:旭川市立西御料地小学校
  • 中学校:旭川市立緑が丘中学校
  • 高校:札幌山の手高校
  • 大学:進学せず

 

 

それでは、それぞれ詳しくご紹介していきます。

 

小学校:旭川市立西御料地小学校

町田瑠唯の出身小学校は、旭川市立西御料地小学校です。

 

旭川市立西御料地小学校は北海道旭川市にある公立校で、創立121年と歴史のある小学校です。

 

 

町田瑠唯は、小学校2年生でバスケットボールを始めました。

 

それまでは兄の影響を受けて幼稚園の頃から野球をやっており、バスケを始めてからも合間を縫って野球とよさこいを続ける三刀流だったそうです。

 

バスケを始めた理由は、同級生の高田汐織(元富士通レッドウェーブ)と担任の先生に誘われたからとのこと。

町田瑠唯と高田汐織は小・中・高と共に戦ったチームメイトであり、富士通レッドウェーブでも2シーズンを共に戦っている。

 

 

町田瑠唯の父はバスケ経験者でチームのコーチを務めていたこともあり、練習は家でも行われ、床や壁がへこむほどドリブルやパスの練習をしていました。

 

そんな環境でメキメキと腕を上げていった町田瑠唯は小学校4年生の頃から主力メンバーとして活躍し、小学校6年生の時には全道大会で2位という記録を残しています。

 

 

ちなみに、町田瑠唯のバスケットIQはこの小学校時代に培っており、当時の監督がスクリーンやゾーンプレスなどのフォーメーションプレーを細かく教えてくれたそうです。

 

中学校:旭川市立緑が丘中学校

町田瑠唯の出身中学校は、旭川市立緑が丘中学校です。

 

旭川市立緑が丘中学校は、北海道旭川市にある公立校です。

 

 

旭川市立緑が丘中学校はバスケの強豪でもなく、バスケ部の顧問もそこまで熱心ではありませんでした。

 

そのためバスケ部では自分たちで練習メニューを考えたり、町田瑠唯の父の協力を得て作戦会議などをしていたとのこと。

 

 

中学1年生から高田汐織と共にスタメンを務め、中学3年生では全国中学校バスケットボール大会に出場し、決勝トーナメントまで駒を進めました。

 

高校:札幌山の手高校

町田瑠唯の出身高校は、札幌山の手高校です。

 

札幌山の手高校は北海道札幌市にある私立高校で、女子バスケの強豪として名高く知られています。

札幌山の手高校は数多くのWJBL選手を輩出している名門校で、これまでにインターハイ43回国民体育大会55回ウィンターカップ38回出場を達成している。

 

 

「北海道で1番強い高校で優勝して日本一になりたい」との思いから、札幌山の手高校への進学を決めた町田瑠唯。

 

また、小学校から共にバスケをしてきた高田汐織との「全国で優勝しよう」という夢を叶えられなかったこともあり、彼女と同じ高校で全国優勝を目指すためでもありました。

 

 

しかし実は、札幌山の手高校への進学に関しては、低身長を理由に家族からの反対を受けていました。

 

それでも町田瑠唯はかねてからの負けず嫌いな性格と、小さいからできないと言われるのが嫌だったことから家族を押し切って進学を決めます。

 

 

高校3年生ではキャプテンとしてチームを牽引し、インターハイ、国民体育大会、ウィンターカップの3冠を果たしました。

 

それからU-18アジア選手権に出場し、準優勝という結果を残しています。

 

 

後のインタビューで町田瑠唯は、札幌山の手高校での3年間こそが自分の原点だと語っており、この3年間でバスケの技術はもちろんのこと、メンタルや人間性が成長したと語っています。

 

さらに、札幌山の手高校バスケ部の上島コーチとの出会いも特別だったとのこと。

 

相手を騙すような遊び心のあるスキルや楽しいバスケを教わり、今でも上島コーチの指導を受けたいと思うほど町田瑠唯にとってかけがえのない3年間だったのです。

 

大学:進学せず

町田瑠唯は、大学には進学していません

 

2011年、高校卒業した町田瑠唯は大学進学ではなく、WJBLの富士通レッドウェーブへの入団を決めました

 

町田瑠唯の現在の所属チーム

 

町田瑠唯の現在の所属チームは、富士通レッドウェーブです。

 

 

町田瑠唯は、高校卒業後から現在も富士通レッドウェーブに所属しています。

 

1年目から試合に出場しており、Wリーグのルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。

ルーキー・オブ・ザ・イヤーとは、そのシーズンに最も活躍した新人選手に贈られる最優秀新人賞のこと。

 

 

2014-15シーズンには、アシスト数でリーグ1位とリーグベスト5にも選出されたうえ、富士通レッドウェーブを7シーズンぶりのファイナル進出へと導いています。

 

まとめ

 

さて、今回は町田瑠唯の出身小学校・中学・高校・大学から、現在の所属チームについてまとめました。

 

町田瑠唯の出身校は、以下の通りです。

 

 

  • 小学校:旭川市立西御料地小学校
  • 中学校:旭川市立緑ヶ丘中学校
  • 高校:札幌山の手高校
  • 大学:進学せず

 

 

町田瑠唯は小学校2年生からバスケを始めるとすぐに頭角を表し始め、小学校と中学校では惜しくも全国優勝は果たせませんでしたが、札幌山の手高校では3冠(インターハイ、全国体育大会、ウィンターカップにて優勝)を果たしました。

 

 

そして、町田瑠唯の現在の所属チームは富士通レッドウェーブです。

 

歴史を塗り替え、世界のPGとなった町田瑠唯の今後の活躍から目が離せません!

 

 

町田瑠唯選手について、他にも詳しくまとめています!

>>町田瑠唯のプレーの特徴や強さの秘訣とは?何が凄いのか徹底解説!

 

>>町田瑠唯の年収(年俸)はいくら?オリンピック報奨金額がすごい?

 

>>町田瑠唯のピアスのブランドはどこ?通販で購入できるか調査!

 

 

また、他の日本代表選手についてもまとめています!

>>馬瓜エブリンの出身校はどこ?小学校から中学校・高校までの詳細!

 

>>オコエ桃仁花の出身地や小学校に中学・高校はどこ?大学や現在の所属は?

 

>>赤穂ひまわりの出身地や小学校に中学・高校はどこ?大学や現在の所属は?

 

>>髙田真希の出身中学や高校は?学生時代はバスケと空手の両立だった?

 

>>三好南穂の出身地や小学校に中学・高校はどこ?大学や現在の所属は?

 

>>林咲希(バスケ)の小学校から中学・高校に大学はどこ?現在の所属も

 

>>宮澤夕貴の出身中学や高校はどこ?大学や現在の所属について!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Wリーグ
気まぐれまとめサイト