町田瑠唯の年収(年俸)はいくら?オリンピック報奨金額がすごい?

町田瑠唯の年収(年俸)はいくら?オリンピック報奨金額がすごい?Wリーグ

東京オリンピックにて、日本史上初の銀メダル獲得した女子バスケの司令塔である町田瑠唯。

 

キレのあるドライブや視野の広さを活かしたノールックパスなどを華麗に操る姿は、国内のみならず海外の観客までもを魅了しました。

 

 

そんな町田瑠唯ですが、年収(年棒)はどのくらいなのか気になりますよね。

 

また、オリンピックの報酬金額がすごいとも囁かれており、一体いくら貰ったのでしょうか?

 

 

ということで、今回は町田瑠唯の年収(年棒)はいくらなのか、オリンピック報酬金額についても詳しく調べてみました!

 

スポンサーリンク

町田瑠唯の年収(年俸)はいくら?

https://twitter.com/machirui/status/1344611756698529794?s=21

 

町田瑠唯の給料は、年収(年棒)600〜700万円ほどだと思われます。

※年棒(年収)については公表はされていないため、この金額はあくまで予想となります。

 

 

 

この内訳について詳しくみていきましょう。

 

まず、町田瑠唯は富士通の実業団のバスケチームである富士通レッドウェーブに所属しています。

 

そのため、年収(年棒)は親会社の富士通から支払われる形でしょう。

富士通はIT提供企業としては国内1位、世界4位の売上高を誇る上場企業。

 

 

町田瑠唯と同じ20代の富士通の正社員の年収(年棒)は約600万円であり、町田瑠唯も同じくらいの年収(年棒)だと思われます。

 

あくまで実業団はサラリーマンと同じ扱いであるうえ、町田瑠唯には個人のスポンサー契約などの副収入もないようなので、同年代の正社員と同じくらいの年収(年棒)だと推測できます。

 

 

 

ちなみに、この金額はオリンピックの報奨金額を含めない年収(年棒)なので、オリンピック報酬金額を含めた年収(年棒)は約1300万円〜1400万円となります。

 

オリンピック報酬金額については、次項で詳しくご紹介していきます。

 

また、女子バスケのプロであるWNBAではもっと多くの額がもらえるようです。

>>WNBAや女子バスケのプロの年俸(年収)は?他のスポーツとも比較!

 

町田瑠唯のオリンピック報奨金額がすごい?

 

町田瑠唯のオリンピック報奨金額は、700万円です。

 

 

内訳は、以下の通りです。

 

  • 日本オリンピック委員会:銀メダル報酬金200万円
  • 日本バスケットボール協会:銀メダル分300万円+特別報酬金200万円

 

 

 

元々、日本バスケットボール協会からの報酬金は銀メダル分の300万円のみでした。

 

しかし、女子バスケの歴史的快挙は”金メダル級”に値するとのことから特別報酬金の200万円が追加され、金メダルの報酬金と同額の500万円が授与されました。

 

日本オリンピック委員会からの報酬金は所得税と住民税が非課税であり、日本バスケットボール協会の報酬金も日本オリンピック協会と同額までは非課税となる。

 

 

このような好成績を残した際には所属先からのボーナスが支給されることも多く、町田瑠唯の所属する富士通は「前向きに検討中」だと発表しています。

 

もし富士通からもボーナスが支給されれば、町田瑠唯のオリンピック報酬金はさらに跳ね上がる可能性がありますね!

 

町田瑠唯のオリンピック報奨金額は多いのか少ないのか

町田瑠唯の年収(年俸)はいくら?オリンピック報奨金額がすごい?

 

町田瑠唯のオリンピック報酬金額はわかりましたが、日本の他のメダリストと比べて多いのか少ないのか、気になりますよね。

 

そこで、町田瑠唯のオリンピック報酬金額と、日本の他のメダリストのオリンピック報酬金額を比較してみましょう。

 

 

金メダル報酬金額銀メダル報酬金額銅メダル報酬金額
フェンシング1億500万円
卓球シングルス・1500万円、ダブルス・1000万円、団体・900万円
野球1000万円
体操550万円230万円120万円

※これらは1人当たりの金額であり、日本オリンピック委員会と競技団体や所属先からのオリンピック報酬金額の総額です。

 

日本オリンピック委員会からの報酬金額はどの競技でも一律で、金メダル500万円、銀メダル200万円、銅メダル100万円。

 

 

 

こうしてみてみると、町田瑠唯のオリンピック報酬金額は日本の他のメダリストより多いと言えるでしょう。

 

そもそも女子バスケの場合は特別で、銀メダルにもかかわらず日本バスケットボール協会から金メダルと同額の報酬金額を授与されています。

 

そのため、もし女子バスケが金メダルを獲得していれば1000万円は確実であり、団体競技で最も報酬金額の多い野球と肩を並べていたことは間違いありません。

 

 

 

ちなみに競技ごとに報酬金額に差が生まれるのは、競技団体や所属先企業からのオリンピック報酬金額が異なるためです。

 

まとめ

 

さて、今回は町田瑠唯の年収(年棒)はいくらなのかに加え、オリンピック報酬金額はいくらなのかについても詳しくまとめました。

 

 

    • 町田瑠唯の年収(年棒)は、約600万円〜700万円
    • 町田瑠唯のオリンピック報酬金額は、700万円
    • 町田瑠唯のオリンピック報酬金額は、他のメダリストより多い

これらは2021年8月現在のものであり、公表されていないものについては様々な情報から推測しました。

 

 

惜しくも金メダルには届かなかった女子バスケですが、日本バスケットボール協会からのオリンピック報酬額は金メダルと同額の500万円でした。

 

こうして異例の対応を受けるほどの大活躍を見せた町田瑠唯ですが、今後の更なる活躍が期待されますね!

 

 

また、女子バスケのプロであるWNBAの年俸についてはこちらでまとめています!

>>WNBAや女子バスケのプロの年俸(年収)は?他のスポーツとも比較!

 

 

町田瑠唯選手について、他にも詳しくまとめています。

>>町田瑠唯のプレーの特徴や強さの秘訣とは?何が凄いのか徹底解説!

 

>>町田瑠唯の出身小学校は?中学や高校・大学に現在の所属チームは?

 

>>町田瑠唯のピアスのブランドはどこ?通販で購入できるか調査!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Wリーグ
気まぐれまとめサイト