赤穂ひまわりの出身地や小学校に中学・高校はどこ?大学や現在の所属は?

赤穂ひまわりの出身地や小学校に中学・高校はどこ?大学や現在の所属は?Wリーグ

2021年、東京オリンピックの女子バスケ代表に選出された赤穂ひまわりは、フォワードの選手でありながらも代表戦ではSG(シューティングガード)として活躍しています。

 

183cmという身長を活かしたSGとして、小さな選手にはインサイドのプレーを仕掛けたり、大きな選手にはドライブで切れ込むなど、ミスマッチを利用したプレーを得意としています。

 

 

そんな赤穂ひまわりの強さはどこからきているのか、出身地や小学校・中学・高校時代のエピソードや、大学と所属チームについても気になるところ。

 

ということで、今回は赤穂ひまわりの出身地や小学校・中学・高校はどこだったのか、大学や所属チームについても調べてみました。

 

スポンサーリンク

赤穂ひまわりの出身地

 

赤穂ひまわりの出身地は、石川県七尾市です。

 

石川県七尾市は北陸地方の西部に位置する市であり、石川県能登地方の中心自治体です。

 

 

赤穂ひまわりの出身小学校に中学や高校・大学は?

赤穂ひまわりの出身地や小学校に中学・高校はどこ?大学や現在の所属は?

 

赤穂ひまわりの出身校は、以下の通りです。

 

 

  • 小学校:七尾市立東湊小学校
  • 中学校:昭和学院中学校
  • 高校:昭和学院高校
  • 大学:進学せず

 

 

それでは、それぞれ詳しくご紹介していきます。

 

小学校:七尾市立東湊小学校

赤穂ひまわりの通っていた小学校は、七尾市立東湊小学校です。

 

石川県七尾市にある公立小学校で、創立67年と比較的歴史の浅い小学校です。

 

 

赤穂ひまわりは小学校3年生の時、姉さくらと共に地元のミニバスチームに入団しました。

 

入団を決めた理由はバスケがしたかったからではなく、姉や双子の兄もバスケを始めて”家に誰もいなくてつまらなかったから”とのこと。

 

それでも兄妹で1番の運動神経を持つ赤穂ひまわりは、練習は週2回、試合は年5回程度しかないのんびりとしたチームの中でも、瞬く間に上達していきました。

 

 

赤穂ひまわりの家族は、バスケ一家。
父は元日本代表選手、母は大学まで第一線でプレーしており、姉はWJBL選手、双子の兄はB.LEAGUE選手、妹は日体大でプレーしている。

 

中学校:昭和学院中学校

赤穂ひまわりに通っていた中学校は、昭和学院中学校です。

 

昭和学院中学校は千葉県市川市にある私立中学校であり、女子バスケの名門校として名高く知られています。

昭和学院中学校は数多くのWJBLの選手を輩出している常勝高校で、これまでにウィンターカップ13年連続、43回目の出場を果たしている。

 

 

昭和学院中学校には先に姉が進学しており、強豪校でバスケをしている姉の姿を見て「自分も強いところでやってみたい」との思いが芽生えて進学を決めました。

 

 

普通の公立校から名門校に進学した赤穂ひまわりでしたが、埋もれることもなくメキメキと成長を見せていきます。

 

中学3年時には、飛び級でU-16日本代表に選ばれ、アジア選手権で戦いました。

 

高校:昭和学院高校

赤穂ひまわりの通っていた高校は、昭和学院高校です。

 

昭和学院高校は千葉県市川市にある私立高校で、昭和学院中学校からエスカレーター式で入学できる高校です。

 

昭和学院中学校同様に、女子バスケの強豪として知られており、ウィンターカップの出場回数は女子最多(46回中38回)を記録しています。

 

 

高校1年時には日本代表として世界選手権に出場し、さらに飛び級でU-18女子日本代表にも選ばれました

 

大学:進学せず

赤穂ひまわりは、大学には進学していません

 

2017年、高校卒業した赤穂ひまわりは大学進学ではなく、WJBLのデンソーアイリスへ入団を決めました

 

赤穂ひまわりの現在の所属チーム

 

赤穂ひまわりの現在の所属チームは、デンソーアイリスです。

 

 

赤穂ひまわりは高校卒業後から現在もデンソーアイリスに所属しており、1年目からスターターを務めてきました。

 

ちなみに、姉も同じくデンソーアイリスに所属しており、姉妹揃ってチームの戦力として活躍しています。

 

 

赤穂ひまわりが入団してからのデンソーアイリスは、180cmを超えるフロントラインが整ったことで、準決勝や決勝まで勝ち進むことも増えました。

 

赤穂姉妹は今後のチームの主力を担うプレーヤーとして期待がかけられており、赤穂ひまわりは打倒ENEOSサンフラワーズを目標に掲げています。

 

まとめ

https://twitter.com/azcvamm/status/1416347787357130757?s=21

 

さて、今回は赤穂ひまわりの出身地や小学校・中学・高校から、大学と所属チームについてまとめてみました。

 

 

赤穂ひまわりの出身地は石川県七尾市で、出身校は以下の通りです。

 

  • 小学校:七尾市立東湊小学校
  • 中学校:昭和学院中学校
  • 高校:昭和学院高校
  • 大学:進学せず

 

 

赤穂ひまわりは小学3年生からバスケを始め、のんびりとしたミニバスのチームから名門・昭和学院に進学しましたが、ハイレベルなチームでも決して埋もれることもなく着実に腕を磨いていきました。

 

そして、赤穂ひまわりの現在の所属チームはデンソーアイリスです。

 

所属チームと日本代表で全く異なる役割をこなすなど、成長の止まらない赤穂ひまわりの東京オリンピックでの活躍が楽しみですね!

 

 

赤穂ひまわり選手に似すぎていて、兄妹ではないかと言われている千鳥ノブさんの出身地は岡山県なので、全く違いますよね笑

>>赤穂ひまわりに似てる芸能人はノブ?比較画像で徹底検証!

 

 

赤穂ひまわり選手のご両親については、こちらでまとめています!

>>赤穂ひまわりの両親(父・母)の年齢や身長は?職業は何をしてる人?

 

また、他の日本代表選手についてもまとめています!

>>馬瓜エブリンの出身校はどこ?小学校から中学校・高校までの詳細!

 

>>オコエ桃仁花の出身地や小学校に中学・高校はどこ?大学や現在の所属は?

 

>>髙田真希の出身中学や高校は?学生時代はバスケと空手の両立だった?

 

>>三好南穂の出身地や小学校に中学・高校はどこ?大学や現在の所属は?

 

>>宮澤夕貴の出身地や小学校に中学・高校はどこ?大学や現在の所属は?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Wリーグ
気まぐれまとめサイト