髙田真希の出身中学や高校は?学生時代はバスケと空手の両立だった?

髙田真希の出身中学や高校は?学生時代はバスケと空手の両立だった? 髙田真希

去年4月、プレーヤーを続けながら自身の会社を起業したことで話題となった、女子バスケ日本代表のキャプテンを務める髙田真希。

 

 

そんなマルチな才能を見せる髙田真希は、学生時代からバスケと空手を両立するなど既にマルチプレーヤーだったとは本当でしょうか!?

 

さらに、髙田真希の出身中学や高校についても気になります。

 

 

そこで今回は、髙田真希の出身中学や高校から、バスケや空手などの学生生活について調査してみました!

 

また、学生時代のバスケの成績もまとめてみました。

 

髙田真希の出身中学や高校は?バスケの成績はどうだった?

 

髙田真希の出身中学と高校は、以下の通りです。

 

  • 出身中学:豊橋市立北部中学校
  • 出身高校:桜花学園高校

 

それでは、それぞれ詳しくご紹介していきます。

 

髙田真希の出身中学

髙田真希の出身中学は、豊橋市立北部中学校です。

 

豊橋市立北部中学校は、愛知県豊橋市下地町にある公立校です。

 

小学2年生からバスケを始めた髙田真希でしたが、中学生になると本格的にバスケに打ち込むようになりました。

 

中学時代のバスケの成績

豊橋市立北部中学校での髙田真希のバスケの成績は、記録として残るようなものはありませんでした。

 

豊橋市立北部中学校はバスケの強豪校でもない普通の公立校なので、県大会や全国大会などで成績を残すことはなかったそうです。

 

髙田真希の出身高校

髙田真希の出身高校は、桜花学園高校です。

 

高校は、地元愛知にあるバスケの名門・桜花学園高校へ進学します。

桜花学園高校は女子バスケの強豪校として名高く、これまでに数々のWJBL選手を輩出している常勝高校。

 

桜花学園高校の当時のバスケ部の監督に声をかけられた髙田真希は、「どうせやるなら1番強いところで」という思いから桜花学園高校への入学を決めたと言います。

 

 

しかし、桜花学園高校は全国からハイレベルな選手が集まる屈指の強豪校。

 

そのため最初のうちは全く歯が立たず、人一倍の基礎練習をこなして周囲に追いつく努力をしていきます。

 

そんな髙田真希の努力の甲斐もあって、1年生からレギュラー入りを果たすなど、着実に力をつけていったのでした。

 

 

ちなみに、髙田真希はこの時期が1番苦労したと後のインタビューでも語っており、特にできなかったのがハンドリングだったそう。

 

中学校までは高身長を生かしたプレーを主にしてきただけあり、ハンドリングの練習はほとんどしてこなかったため、ひたすらツーボールの練習などに打ち込んでいたそうです。

 

高校時代のバスケの成績

髙田真希の桜花学園高校でのバスケの成績は以下の通り。

 

  • 高校2年生:国民体育大会優勝(2006年)
  • 高校3年生:全国高等学校総合体育大会優勝、国民体育大会優勝、ウィンターカップ優勝(2007年)

 

2年生の時はスタメンではなかったものの、3年生の時にはインターハイ、ウィンターカップ共に主力選手として活躍を見せました。

 

髙田真希が3年生の時には、高校バスケの主要大会とされる3大会(全国高等学校総合体育大会、国民体育大会、ウィンターカップ)での優勝を果たし、3冠を達成しました。

 

髙田真希の学生時代はバスケと空手の両立だった?

https://twitter.com/takada08/status/1159790584774582273?s=21

 

そんなバスケに明け暮れていた髙田真希ですが、実はバスケと両立して空手もやっていました。

 

小学4年生から中学3年生までの間は空手にも打ち込んでおり、出場する大会のほとんどで優勝していたというほどの腕前の持ち主です。

 

 

髙田真希が空手で培ったフィジカルの強さや精神力は、バスケでも活かされています。

 

センターを務める髙田真希の武器である、ブレない体の強さやコンタクトへの強さというのは、まさにこの空手によって培われたものだったのです。

 

まとめ

https://twitter.com/takada08/status/1345272648700313600?s=21

 

さて今回は、高田真希の出身中学や高校についてまとめました。

 

さらに、学生時代にバスケと空手の両立していたかについても調べました。

 

 

  • 髙田真希の出身中学は豊橋市立北部中学校、出身高校は桜花学園高校
  • 中学時代のバスケの成績はなし
  • 高校時代のバスケの成績は、高校2年生で国民体育大会優勝、高校3年生で3冠(全国高等学校総合体育大会優勝、国民体育大会優勝、ウィンターカップ優勝)
  • 小学4年生から中学3年生までは空手にも打ち込む
  • 空手で出場したほとんどの大会で優勝

 

 

今の髙田真希の強さの裏には、学生時代に空手で培ったフィジカルやメンタルの強さがあったとは驚きです。

 

こうして女子バスケ日本代表のキャプテンを務める髙田真希の強さの秘密がわかると、ますます応援したくなりますね!