スラムダンクのポジション別最強ランキング!シューティングガード編TOP5!

スラムダンクのポジション別最強ランキング!シューティングガード編TOP5!スラムダンク

スラムダンクには多種多様なタイプのプレーヤーがおり、それぞれ能力も異なります。

 

こうしたキャラクターの豊富さもスラムダンクが人気を博している理由の1つでしょう。

 

 

そんなスラムダンクのポジション別最強ランキングはどうなっているのでしょうか。

 

高いシュート力が求められるシューティングガード(SG)では、一体誰が最強なのか気になります。

 

 

ということで、今回はスラムダンクのポジション別最強ランキング・シューティングガード(SG)編をTOP5に厳選して、詳しくご紹介していきます!

 

スラムダンクのポジション別最強ランキング!シューティングガード(SG)編TOP5

スラムダンクのポジション別最強ランキング!シューティングガード編TOP5!

 

スラムダンクには様々なキャラクターが登場しますが、最強の座に就くのは誰なのでしょうか。

 

今回は、スラムダンクのポジション別最強ランキング・シューティングガード(SG)編をTOP5に厳選してまとめてみました。

 

 

順位名前学校名学年背番号身長/体重
1神宗一郎海南大附属高校2年6189cm/71kg
2三井寿湘北高校3年14184cm/70kg
3諸星大愛知学院高校3年4不明/不明
4松本稔山王工業高校3年6180cm/不明
5清田信長海南大附属高校1年10178cm/65kg

 

 

では、それぞれ詳しくご紹介していきましょう。

 

1位 神宗一郎

 

  • 名前:神宗一郎
  • 学校名:海南大附属高校
  • 学年:2年
  • 背番号:6
  • 身長:189cm
  • 体重:71kg

 

スラムダンクのポジション別最強ランキング・シューティングガード(SG)編の1位は、神宗一郎です。

 

 

 

神宗一郎は海南大附属高校にてスモールフォワード(SF)とシューティングガード(SG)を務めており、チーム随一のシュート力を持つプレーヤーです。

 

そんな神宗一郎の最大の武器は、何と言っても3Pシュートでしょう。

 

その驚くべきは3Pシュート成功率で、神宗一郎の3Pシュート成功率は100%を誇っています。

 

 

 

これはスラムダンク史上最高の記録であり、3Pシュート成功率で神宗一郎の右に出るものはいません。

 

ちなみに、NBAの3Pシュート成功率はトッププレーヤーでも40%前後であり、いかに神宗一郎が異次元のプレーヤーであるかがわかりますね!

NBAの3Pシュート成功率の歴代1位はスティーブ・カーの45.4%で、NBAプレーヤーを以ってしても3Pシュート成功率が40%を超えるのは50名しかいない。

 

3Pシュートを打てば必ず決まる神宗一郎こそ、スラムダンクのポジション別最強ランキング・シューティングガード(SG)編でダントツの1位と言えるでしょう。

 

2位 三井寿

 

  • 名前:三井寿
  • 学校名:湘北高校
  • 学年:3年
  • 背番号:14
  • 身長:184cm
  • 体重:70kg

 

スラムダンクのポジション別最強ランキング・シューティングガード(SG)編の2位は、三井寿です。

 

 

 

三井寿は湘北高校にてスモールフォワード(SF)とシューティングガード(SG)を務める3Pシューターです。

 

武石中学校時代にはチームの得点源として、武石中学校を神奈川県大会優勝にまで導いています。

 

なお、三井寿は同大会にて最優秀選手を獲得しました。

 

 

 

その後は怪我を機に人生初の挫折を経験し、約2年もの間バスケットから離れていた三井寿ですが、その実力は確かです。

 

美しいフォームから繰り出される三井寿の3Pシュートは成功率も高く、試合の流れを変えるようなブックプレーもしばしば見られます。

 

しかし、三井寿の突出している点は決して3Pシュートだけではありません。

 

ディフェンスバスケットIQにも優れる三井寿は、湘北高校の安西監督から「湘北に知性ととっておきの飛び道具を加えた」と高い評価を受けています。

 

 

 

こうした三井寿のバスケットマンとしての天性の素質は海南大附属高校の神宗一郎をも凌ぐものがありますが、唯一スタミナ面だけは大きな不安が残ります。

 

そのため三井寿は、スラムダンクのポジション別最強ランキング・シューティングガード(SG)編では2位という結果になりました。

 

3位 諸星大

 

  • 名前:諸星大
  • 学校名:愛知学院高校
  • 学年:3年
  • 背番号:4
  • 身長:不明
  • 体重:不明

 

スラムダンクのポジション別最強ランキング・シューティングガード(SG)編の3位は、諸星大です。

 

 

 

諸星大は愛知学院高校にてシューティングガード(SG)を務めるチームのキャプテンです。

 

全国ベスト4の愛知学院高校のエースを務める諸星大は通称“愛知の星”と呼ばれており、全国を代表するプレーヤーの1人でもあります。

 

全国でも著名な強豪校・海南大附属高校の牧紳一が諸星大のプレー観たさにわざわざ愛知まで足を運んだことでも有名ですよね!

 

また、インターハイでは山王工業高校を倒した湘北高校に勝利したのが愛知学院高校です。

 

 

 

それにもかかわらず、スラムダンクでは愛知学院高校はおろか諸星大のプレーの描写がほとんどないため、諸星大の実力やプレースタイルは未知数です。

 

とはいえ、全国4位の愛知学院高校のエースであることや海南大附属高校からも注目を集めていることを踏まえると、諸星大が相当な実力者であることは間違いないでしょう。

 

事実、愛知学院高校の監督から諸星大は”高校No.1プレーヤー”の沢北栄治を唯一倒せるプレーヤーだと高い評価を受けています。

 

まだまだ謎多き諸星大ですが、プレースタイルが明らかになれば海南大附属高校の神宗一郎や湘北高校の三井寿をも凌ぐシューティングガード(SG)であることが判明するかもしれません。

 

4位 松本稔

 

  • 名前:松本稔
  • 学校名:山王工業高校
  • 学年:3年
  • 背番号:6
  • 身長:180cm
  • 体重:不明

 

スラムダンクのポジション別最強ランキング・シューティングガード(SG)編の4位は、松本稔です。

 

 

 

松本稔は山王工業高校にてガード(G)を務めるスターティングメンバーであり、非常に優れたオフェンス力が特徴的なプレーヤーです。

 

中でも、アウトサイドシュートやドライブなどのシューティングガード(SG)に必須のスキルを全て兼ね備えています。

 

湘北戦では三井寿の手堅いディフェンスをものともせず、最も簡単にドリブルで抜き去りました。

 

実際に松本稔のオフェンス力には定評があり、海南大附属高校の武藤正からは「沢北栄治がいなければどこでもエースを張れる男」だと賞賛されています。

 

 

 

そんな圧倒的なオフェンス力を持つ松本稔ですが、ここぞという時のメンタルの弱さが目立ちます。

 

湘北戦では3Pシュートを放った三井寿のブロックに入った松本稔は、焦りからオフェンスファウルを取られ、結果として4点プレーを許してしまいました。

 

こうしたメンタルの未熟さが目立つことから松本稔は、スラムダンクのポジション別最強ランキング・シューティングガード(SG)編では4位という結果になりました。

 

5位 清田信長

 

  • 名前:清田信長
  • 学校名:海南大附属高校
  • 学年:1年
  • 背番号:10
  • 身長:178cm
  • 体重:65kg

 

スラムダンクのポジション別最強ランキング・シューティングガード(SG)編の5位は、清田信長です。

 

 

 

清田信長は海南大附属高校にてシューティングガード(SG)とスモールフォワード(SF)を務めており、1年生でありながらも強豪・海南大附属高校のスタメンの座に君臨する実力者でもあります。

 

清田信長の最大の武器はダンクシュートで、身長178cmと小柄ながらも脅威のジャンプ力でダンクシュートを決めることができます。

 

湘北戦では身長188cmの桜木花道のブロックを空中で交わしてリバースダンクシュートを決めたり、陵南戦では身長202cmの魚住純の上からダンクシュートを決めたことも。

 

陵南高校の相田彦一の姉で週刊バスケットボールの記者である相田弥生からは、“とんでもない逸材”だと絶賛されています。

 

 

 

なお、清田信長はダンクシュート以外にもボールハンドリングディフェンスも得意としています。

 

清田信長のディフェンスは”動物的な勘”を頼りに相手の動きを読むスタイルで、湘北戦では後半の流川楓の得点を6点に抑えました。

 

とはいえ、まだ1年生の清田信長はフリースローが苦手だったり、精神面が幼稚だったりと荒が目立つ部分も多いです。

 

清田信長は脅威的な身体能力を持っているだけに、フリースローなどのジャンプシュートの成功率も上げればもっと良いシューティングガード(SG)になること間違いないでしょう。

 

まとめ

 

さて、今回はスラムダンクのポジション別最強ランキング・シューティングガード(SG)編をまとめてみました。

 

スラムダンクのポジション別最強ランキング・シューティングガード(SG)編のTOP5は、以下の通りです。

 

 

  1. 神宗一郎
  2. 三井寿
  3. 諸星大
  4. 松本稔
  5. 清田信長

 

 

脅威の3Pシュート成功率100%を誇る海南大附属高校の神宗一郎が、スラムダンクのポジション別最強ランキング・シューティングガード(SG)編の1位に輝きました。

 

また、3位の諸星大の能力はまだ未知数であるため、もし諸星大の能力が判明した際には驚くべき結果をもたらすかもしれません。

 

 

スラムダンクについては、他にも詳しくまとめています。

>>スラムダンクのポジション別最強ランキング!パワーフォワード編TOP5!

 

>>スラムダンクのポジション別最強ランキング!センター編TOP5!

 

>>スラムダンク映画化のグータッチは誰と誰の手?選手を予想!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スラムダンク
気まぐれまとめサイト