スラムダンクのポジション別最強ランキング!ポイントガード編TOP5!

スラムダンクのポジション別最強ランキング!ポイントガード編TOP5!スラムダンク

スラムダンクはバスケットボール漫画ということもあって、多種多様なキャラクターが登場します。

 

電光石火のスピードを誇る者や強力なリーダーシップでチームを牽引する者など、その特徴も様々です。

 

 

そこで気になるのが、スラムダンクのポジション別最強ランキングはどうなっているのかということ。

 

中でも、チームの司令塔を担うポイントガード(PG)の最強が気になります。

 

 

ということで、今回はスラムダンクのポジション別最強ランキング・ポイントガード(PG)編をTOP5に厳選して、詳しくご紹介していきます!

 

スラムダンクのポジション別最強ランキング!ポイントガード(PG)編TOP5

スラムダンクのポジション別最強ランキング!ポイントガード編TOP5!

 

スラムダンクには数多くの個性豊かなキャラクターが登場しますが、最強の座に輝くのは一体誰なのでしょうか。

 

今回は、スラムダンクのポジション別最強ランキング・ポイントガード(PG)編をTOP5に厳選してまとめてみました。

 

 

順位名前学校名学年背番号身長/体重
1牧紳一海南大附属高校3年4184cm/79kg
2仙道彰陵南高校2年7190cm/79kg
3深津一成山王工業高校3年4180cm/不明
4藤真健司翔陽高校3年4178cm/66kg
5宮城リョータ湘北高校2年7168cm/59kg

 

 

では、それぞれ詳しくご紹介していきましょう。

 

1位 牧紳一

 

  • 名前:牧紳一
  • 学校名:海南大附属高校
  • 学年:3年
  • 背番号:4
  • 身長:184cm
  • 体重:79kg

 

スラムダンクのポジション別最強ランキング・ポイントガード(PG)編の1位は、牧紳一です。

 

 

 

牧紳一は海南大附属高校にてポイントガード(PG)を務めるキャプテンで、“神奈川No.1プレーヤー”と称される実力者です。

 

パワー、スピード、テクニックの全てにおいて卓越したスキルを持つ非常に強力なスラッシャータイプのプレーヤーです。

スラッシャーとは、主にオフェンス時にドライブでゴールにアタックを仕掛けるプレーヤーのことを指す。

 

 

 

そんな牧紳一の最大の武器は、なんと言ってもペネレイトの上手さでしょう。

ペネレイトとは、オフェンスプレーヤーがドリブルでゴールに切り込んでいくこと。

 

牧紳一のペネレイトはスラムダンクの中でも群を抜いており、湘北戦では赤木剛憲、三井寿、流川楓、宮城リョータの4人をもってしても牧紳一を抑え切ることは困難を極めました。

 

陵南高校の仙道彰からも「8割方、牧紳一を起点に始まる」と言われており、牧紳一のペネレイトが海南大附属高校の要となっていることがわかります。

 

 

 

また、牧紳一はゴール下での攻防やメンタル面も強いのが特徴的で、相手ディフェンスのファウルを誘いながらシュートを決める3点プレーも得意としています。

 

牧紳一の試合終了間際の1番苦しい場面でも最高のプレーができる姿勢には、陵南高校の田岡監督でさえも圧巻だと絶賛しました。

 

トップクラスのペネレイトを武器に強力なリーダーシップでチームを牽引する牧紳一は、スラムダンクのポジション別最強ランキング・ポイントガード(PG)編でぶっちぎりの1位と言えるでしょう。

 

2位 仙道彰

 

  • 名前:仙道彰
  • 学校名:陵南高校
  • 学年:2年
  • 背番号:7
  • 身長:190cm
  • 体重:79kg

 

スラムダンクのポジション別最強ランキング・ポイントガード(PG)編の2位は、仙道彰です。

 

 

 

仙道彰は陵南高校にてフォワード(F)やポイントガード(PG)を務めるエースプレーヤーで、“天才オールラウンダー”としても名を馳せています。

 

仙道彰は天才オールラウンダーと称されるだけあって、ポイントガードのみならずフォワードの役割もこなせるなど、攻守ともに隙のないプレーヤーです。

 

とりわけ得点力ゲームメイキングに突出しており、自ら得点を決めることはもちろんのこと、広い視野から繰り出されるアシストパスも仙道彰の強みです。

 

 

 

そんな仙道彰のポイントガード(PG)には定評があり、海南大附属高校の牧紳一に2年生にして自分と同じ地位まで昇ってきたことを確信させています。

 

実際、インターハイ予選決勝リーグの海南戦で仙道彰は、牧紳一に対抗するポイントガードをこなして同大会のベスト5に選出されました。

 

ちなみに、仙道彰は湘北高校が4人がかりでも苦労していた牧紳一をたった1人で相手にしており、仙道彰のディフェンス力の高さが窺えます。

 

攻守ともに隙のないプレーを見せる仙道彰ですが、スタミナ面とメンタルにムラがあることだけは牧紳一に劣っているため、スラムダンクのポジション別最強ランキング・ポイントガード(PG)編では2位という結果になりました。

 

3位 深津一成

 

  • 名前:深津一成
  • 学校名:山王工業高校
  • 学年:3年
  • 背番号:4
  • 身長:180cm
  • 体重:不明

 

スラムダンクのポジション別最強ランキング・ポイントガード(PG)編の3位は、深津一成です。

 

 

 

深津一成は山王工業高校にてポイントガード(PG)を務めており、チームのキャプテンでもあります。

 

冷静さと視野の広さを活かしたゲームメイキングを得意とするプレーヤーです。

 

普段はあまり目立たない深津一成ですが、相手に傾きかけた流れを呼び戻すための決定的な仕事を得意としていたり、チームメイトに対する気配りも怠りません。

 

どんな状況でも冷静に状況を把握して最善を尽くす深津一成にはチームメイトはもちろんのこと、堂本監督からも絶大な信頼を寄せられており、大接戦となった湘北戦では試合終了間際のゲームメイクを託されました。

 

 

 

なお、深津一成は高いディフェンス力も兼ね備えており、2年時のインターハイ準決勝の海南戦ではマッチアップについた牧紳一を苦しめたことも。

 

そんな深津一成の強固なディフェンスを目にした湘北高校の宮木リョータからは、「終盤の1点差ゲームかのようなディフェンス」だと高い評価を受けています。

 

ゲームメイキングとディフェンスに優れる深津一成ですが、得点力とアシストでは牧紳一や仙道彰には後一歩及びません。

 

今後この辺りを改善できれば、牧紳一や仙道彰をも超えるポイントガード(PG)となること間違いないでしょう。

 

4位 藤真健司

https://twitter.com/aisitadake/status/1049288083886157825?s=21&t=aBKBwXJuW3D0Y_aNz5wgZA

 

  • 名前:藤真健司
  • 学校名:翔陽高校
  • 学年:3年
  • 背番号:4
  • 身長:178cm
  • 体重:66kg

 

スラムダンクのポジション別最強ランキング・ポイントガード(PG)編の4位は、藤真健司です。

 

 

 

藤真健司は翔陽高校にてポイントガード(PG)を務めるキャプテンで、選手兼監督でもあります。

 

ジャンプの最高到達点に達する前に左手から放たれるシュートが特徴的なプレーヤーです。

 

選手兼監督という立場上シックスマンではあるものの、藤真健司が司令塔としてチームに及ぼす影響力は絶大です。

シックスマンとは、スタメン同様の活躍ができる6番目の選手のこと。

 

 

 

海南大附属高校の牧紳一からも「藤真のいない翔陽はいわば2軍で普通の強豪に過ぎないが、藤真が入ることでインターハイ常連チームになる」と称賛されています。

 

実際、藤真健司は4年連続で準優勝を記録している名門・翔陽高校史上初の1年生でスタメンを勝ち取っており、その実力の高さが窺えます。

 

 

 

しかし、藤真健司はこれまで神奈川No.1プレーヤーの牧紳一に勝利を収めたことはなく、いずれも準優勝で神奈川No.2の座に甘んじていました。

 

これには藤真健司が監督も兼任していることが関係しており、陵南高校の田岡監督からは藤真健司がプレーヤーに専念できなかったことを惜しまれています。

 

選手兼監督という立場であるが故に選手には専念できないことから藤真健司は、スラムダンクのポジション別最強ランキング・ポイントガード(PG)編では4位という結果となりました。

 

5位 宮城リョータ

 

  • 名前:宮城リョータ
  • 学校名:湘北高校
  • 学年:2年
  • 背番号:7
  • 身長:168cm
  • 体重:59kg

 

スラムダンクのポジション別最強ランキング・ポイントガード(PG)編の5位は、宮城リョータです。

 

 

 

宮城リョータは湘北高校にてポイントガード(PG)を務めており、“神奈川県内でも五指に入るガード”と称されています。

 

小柄を活かした電光石火のスピードを武器とするプレーヤーです。

 

宮城リョータのポイントガード(PG)としての実力は折り紙付きで、高校進学時には陵南高校を始めとする様々な強豪校からスカウトがあったほど。

 

湘北高校の安西監督も「チームにスピードと感性をもたらした」と、宮城リョータのポイントガード(PG)としての能力を高く評価しています。

 

 

 

インターハイ予選の翔陽戦では、小柄から繰り出される圧倒的なスピードと冷静な判断力でチームを支え、身長差10cm以上に及ぶミスマッチながらも互角の戦いを見せて試合の流れを掴みました。

 

とはいえ、宮城リョータにはまだ課題点も多く、フリースローなどのミドルシュートの精度やメンタルの弱さが目立ちます。

 

宮城リョータは電光石火のスピードと高い身体能力を持ち合わせるだけに、得点力とメンタルを鍛えればポイントガード(PG)としてもっと輝けるでしょう。

 

まとめ

 

さて今回は、スラムダンクのポジション別最強ランキング・ポイントガード(PG)編をまとめてみました。

 

スラムダンクのポジション別最強ランキング・ポイントガード(PG)編のTOP5は、以下の通りです。

 

 

  1. 牧紳一
  2. 仙道彰
  3. 深津一成
  4. 藤真健司
  5. 宮城リョータ

 

 

攻守ともに卓越したスキルを持つ”神奈川No.1プレーヤー”の牧紳一が、スラムダンクのポジション別最強ランキング・ポイントガード(PG)編の1位に輝きました。

 

2位の仙道彰と5位の宮城リョータはまだ2年生なので、弱点を克服した彼らの姿が見てみたいものですね!

 

 

スラムダンクのポジション別最強ランキングは、ポジション別にまとめています。

 

>>スラムダンクのポジション別最強ランキング!センター編TOP5!

 

>>スラムダンクのポジション別最強ランキング!パワーフォワード編TOP5!

 

>>スラムダンクのポジション別最強ランキング!スモールフォワード編TOP5!

 

>>スラムダンクのポジション別最強ランキング!シューティングガード編TOP5!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スラムダンク
気まぐれまとめサイト