スラムダンクのポジション別最強ランキング!スモールフォワード編TOP5!

スラムダンクのポジション別最強ランキング!スモールフォワード編TOP5!スラムダンク

スラムダンクはバスケットボール漫画ということもあり、数々の個性豊かなキャラクターが存在します。

 

驚異的な得点力を持つ者から鉄壁のディフェンスを誇る者など、その能力も様々です。

 

 

そんなスラムダンクのポジション別の最強ランキングはどうなっているのか、気になりますよね。

 

スラムダンクで最強のスモールフォワード(SF)は、一体誰なのでしょうか。

 

 

ということで、今回はスラムダンクのポジション別最強ランキング・スモールフォワード(SF)編をTOP5に厳選して、詳しくご紹介していきます!

 

スラムダンクのポジション別最強ランキング!スモールフォワード(SF)編TOP5

スラムダンクのポジション別最強ランキング!スモールフォワード編TOP5!

 

数多くのキャラクターが登場するスラムダンクでは、一体誰が最強なのでしょうか。

 

今回は、スラムダンクのポジション別最強ランキング・スモールフォワード(SF)編をTOP5に厳選してまとめてみました。

 

 

順位名前学校名学年背番号身長/体重
1沢北栄治山王工業高校2年9188cm/不明
2仙道彰陵南高校2年7190cm/79kg
3流川楓湘北高校1年11187cm/75kg
4神宗一郎海南大附属高校2年6189cm/71kg
5三井寿湘北高校3年14184cm/70kg

 

 

では、それぞれ詳しくご紹介していきましょう。

 

1位 沢北栄治

 

  • 名前:沢北栄治
  • 学校名:山王工業高校
  • 学年:2年
  • 背番号:9
  • 身長:188cm
  • 体重:不明

 

スラムダンクのポジション別最強ランキング・スモールフォワード(SF)編の1位は、沢北栄治です。

 

 

 

沢北栄治は山王工業高校にてガードフォワード(GF)を務めるエースプレーヤーであり、“高校No.1プレーヤー”と称されるほどの圧倒的なスキルを持つプレーヤーです。

ガードフォワード(GF)とは、シューティングガード(SG)とスモールフォワード(SF)を兼任するプレーヤーのこと。

 

オフェンス、ディフェンス、身体能力、バスケットIQ、どれをとっても超一流で、沢北栄治を止められる者は日本にはいません。

 

 

 

とりわけスモールフォワード(SF)に欠かせない得点力やリバウンド力に卓越しており、1on1の技術には定評があります。

 

山王工業高校の堂本監督も、「1on1の技術で沢北栄治にかなう者はいない、大学にもいるかどうか」と絶賛しています。

 

実際、湘北戦でも沢北栄治は流川楓相手に1on1で圧勝しており、ディフェンスについた流川楓は沢北栄治の動きに反応すらできていませんでした。

 

しかも流川楓がダンクを決めようとした際には、沢北栄治自らシュートブロックに入り自身の得点へと繋げています。

 

攻守共に非の打ち所がない高校No.1プレーヤーの沢北栄治こそ、スラムダンクのポジション別最強ランキング・スモールフォワード(SF)編でぶっちぎりの1位と言えるでしょう。

 

2位 仙道彰

 

  • 名前:仙道彰
  • 学校名:陵南高校
  • 学年:2年
  • 背番号:7
  • 身長:190cm
  • 体重:79kg

 

スラムダンクのポジション別最強ランキング・スモールフォワード(SF)編の2位は、仙道彰です。

 

 

 

仙道彰は陵南高校にてフォワード(F)やポイントガード(PG)を務めるエースプレーヤーで、“天才オールラウンダー”として名声を馳せています。

 

元々はバリバリの点取屋だったこともあり、仙道彰の得点力には光るものがあります。

 

1年時のインターハイ予選の湘北戦では47得点を記録したことも。

 

そんな仙道彰の高い得点力の裏にはメンタルの強さが関係しており、どんな状況でも得点を狙える仙道彰はチームメイトや監督からも絶大な信頼を置かれているのです。

 

 

 

仙道彰は天才オールラウンダーと言われるだけあって、優れているのは得点力だけではなくパスやドリブルはもちろんのこと、ディフェンスやゲームメイクなど全てに渡ります。

 

しかし、そんな仙道彰を以ってしても唯一敵わなかった相手がいます。

 

それは、山王工業高校の沢北栄治です。

 

仙道彰と沢北栄治は中学時代に対戦しており、そこで仙道彰は沢北栄治が自分よりも上のプレーヤーだと感じていたようです。

 

 

 

いくら中学時代のエピソードとはいえ、現状では沢北栄治が高校No.1プレーヤーであることには変わりありません。

 

これらのことから仙道彰は、スラムダンクのポジション別最強ランキング・スモールフォワード(SF)編では2位という結果となりました。

 

3位 流川楓

 

  • 名前:流川楓
  • 学校名:湘北高校
  • 学年:1年
  • 背番号:11
  • 身長:187cm
  • 体重:75kg

 

スラムダンクのポジション別最強ランキング・スモールフォワード(SF)編の3位は、流川楓です。

 

 

 

流川楓は湘北高校にてスモールフォワード(SF)を務めており、1年生にもかかわらずエースの座をものにしています。

 

得点力の高さが特徴的なプレーヤーで、インサイドとアウトサイドのどちらからでも高い得点力を誇っています。

 

インターハイ予選では、大会2位の1試合平均30得点という記録を叩き出しました。

 

 

 

また、流川楓のシュートは種類も多く、海南戦ではダブルクラッチからのワンハンドダンクという高難易度の技も決めています。

 

元々はワンマンプレーが目立つ流川楓でしたが、そのせいで陵南高校の仙道彰に及ばないことに気づいてからは、自らパスワークを使うように変化を遂げました。

 

その結果、流川楓は高校No.1プレーヤーの沢北英治とも互角の戦いを見せています。

 

 

 

とはいえ、流川楓はまだ1年生であり、スタミナ面に問題を抱えていることから1試合通して全力でプレーすることができません。

 

流川楓は非常に高いオフェンス能力を持っているだけに、もっとスタミナをつけることができれば”高校生No.1プレーヤー”の称号を手にする日もそう遠くはないでしょう。

 

4位 神宗一郎

https://twitter.com/blue583269/status/1529061264240279552?s=21&t=e1mtERJGunqObzic9P1iBw

 

  • 名前:神宗一郎
  • 学校名:海南大附属高校
  • 学年:2年
  • 背番号:6
  • 身長:189cm
  • 体重:71kg

 

スラムダンクのポジション別最強ランキング・スモールフォワード(SF)編の4位は、神宗一郎です。

 

 

 

神宗一郎は、海南大附属高校にてスモールフォワード(SF)やシューティングガード(SG)を務める3Pシューターです。

 

神宗一郎の最大の強みは、なんと言っても3Pシュート。

 

神宗一郎の3Pシュートの成功率は驚異の100%を誇り、スラムダンクでも屈指の3ポイントシューターです。

 

 

 

そんな驚異の成功率を誇る3Pシューターとなった神宗一郎ですが、その背景にはポジションの変化が関係しています。

 

入部当初の神宗一郎はセンター(C)を務めていましたが、細身だったことから大柄な牧紳一や高砂一馬には当たり負けてしまっていました。

 

そこで神宗一郎はセンター(C)を諦め、シューターとなるべく毎日500本ものアウトサイドシュートの練習を始めます。

 

その結果、神宗一郎はシューターとしての才能を開花させ、インターハイ予選では湘北高校の流川楓を抑えて1試合平均30.3得点で得点王に輝きました。

 

5位 三井寿

 

  • 名前:三井寿
  • 学校名:湘北高校
  • 学年:3年
  • 背番号:14
  • 身長:184cm
  • 体重:70kg

 

スラムダンクのポジション別最強ランキング・スモールフォワード(SF)編の5位は、三井寿です。

 

 

 

三井寿は湘北高校にてスモールフォワード(SF)やシューティングガード(SG)を務める3Pシューターです。

 

三井寿の代名詞でもある3Pシュートはフォームが美しいことで有名で、絶対王者・山王工業高校の堂本監督でさえも「手本にしてもらいたいくらいだ」と称賛しています。

 

チームメイトの木暮公延も「まるで機械のよう」だと三井寿の3Pシュートの正確さを高く評価しており、実際に翔陽戦や陵南戦では連続3Pシュートを決めています。

 

 

 

3Pシュートのイメージが強い三井寿ですが、バスケットマンとして天性の素質を持っており、ディフェンスやバスケットIQにも優れたプレーヤーです。

 

しかし、三井寿には約2年のブランクがあるためスタミナが著しく劣っているうえ、試合ごとに調子の波があります。

 

こうしたスタミナ面での不安が残ることから三井寿は、スラムダンクのポジション別最強ランキング・スモールフォワード(SF)編では5位という結果になりました。

 

 

 

三井寿については、こちらで詳しくまとめています。

>>スラムダンクの三井寿が強すぎる!最強や天才と言われる理由5選!

 

>>三井寿の背番号14の意味や由来とは?理由についても詳しく解説!

 

まとめ

 

さて今回は、スラムダンクのポジション別最強ランキング・スモールフォワード(SF)編をまとめてみました。

 

スラムダンクのポジション別最強ランキング・スモールフォワード(SF)編のTOP5は、以下の通りです。

 

 

  1. 沢北栄治
  2. 仙道彰
  3. 流川楓
  4. 神宗一郎
  5. 三井寿

 

 

高校2年生にして”高校生No.1プレーヤー”との名声をほしいままにする沢北栄治が、スラムダンクポジション別最強ランキング・スモールフォワード(SF)編の1位に輝きました。

 

2位と3位にランクインした仙道彰と流川楓はまだまだ未知なる能力を秘めていると思われるので、弱点を克服したらとんでもないプレーヤーへと成長を遂げること間違いないでしょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スラムダンク
気まぐれまとめサイト