最強スポーツ男子頂上決戦(スポダン)2022の結果や優勝者は誰?

最強スポーツ男子頂上決戦(スポダン)2022の結果や優勝者は誰?TV番組

2022年3月22日、最強スポーツ男子頂上決戦ことスポダンが放送されました。

 

各競技毎の結果や、優勝者が気になりますよね。

 

今回は「最強スポーツ男子頂上決戦(スポダン)2022の結果や優勝者は誰?」と題してまとめていきます!

 

 

見逃し配信についてはこちらでまとめています♪

>>最強スポーツ男子頂上決戦(スポダン)2022の動画の見逃し配信は?

 

 

\2週間の無料トライアル/

Paraviでスポダンを視聴する

無料体験はいつでも自由に解約OK!

 

 

最強スポーツ男子頂上決戦(スポダン)2022の出場者

 

最強スポーツ男子頂上決戦ことスポダンは、2022年3月22日(火曜日)、19時から4時間の放送になります。

今回の出場者はこちらの方々です。

 

  • ケイン・コスギ
  • 池谷直樹
  • 佐野 岳
  • 森 渉
  • コージ・トクダ
  • 大倉士門
  • 平田雄也
  • 菅原 健
  • 武知海青(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
  • 浦川翔平(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
  • 佐藤嘉人
  • 駒木根葵汰
  • 塩﨑太智(M!LK)
  • 富樫慧士
  • 平原颯馬
  • 小宮璃央

 

以上16名により競技が行われます。

 

今回の放送は4年ぶりであり、なんと記念すべき50回記念大会です!

そのためか、豪華なメンバーが集まっています♪

 

今回のテーマは”世代交代”ということで、”スポーツマンNo.1決定戦”で大活躍をした池谷直樹さんやケイン・コスギさんがレジェンドとして出場します!

また、”スポダン”初代で大活躍した佐野岳さんや森渉さん、森渉さんやコージ・タクヤさん、大倉士門さんらがレジェンドとして出場です。

 

対する新世代は、関口メンディーさん超える逸材と言われている武知海青さん、持久力No.1no浦川翔平さんなどが出場します!

また、佐野勇斗率いるアイドルグループM!LKのアクロバットスター・潮崎太智さんや、パリ五輪メダル候補のプロサーファーである平原颯馬さんなども出場です。

他には三つ子の人気TikTokerの佐藤嘉人さん、注目株の俳優である菅原健さん、ヒーロー戦隊シリーズで大人気の平田雄也さん、駒木根葵汰さん、富樫慧士さん、小宮璃央さんらが新世代として出場です!

 

 

最強スポーツ男子頂上決戦(スポダン)2022の結果や優勝者は誰?の予想

 

放送前に、スポダン2022の優勝者を予想してみました!

 

私の予想は・・・期待も込めて佐野岳さんです!

 

佐野岳さんはスポダンでの優勝経験があり、輝かしい実績を持っています。

そんな佐野岳さんが今回、久しぶりに出場するということで、復活優勝するのではないでしょうか!?

 

また、森渉さんもスポダンでの優勝経験があるので、この2人が優勝争いをすると予想します♪

 

新世代も頑張ってほしいものですが、元祖スポダンNo.1の実力を見せつけて欲しいですね♪

 

最強スポーツ男子頂上決戦(スポダン)2022の結果

 

 

2022年の最強スポーツ男子頂上決戦ことスポダンは、こちらの種目で競われました。

 

  • ①モンスターボックス
  • ②クレイジーキャッスル
  • ③ヘビープレス
  • ④ハードジャンパー
  • ⑤パワーウォール
  • ⑥ショットガンタッチ

 

そして結論、2022年のスポダン総合優勝者は武知海青さんでした!

 

以下、それぞれの種目ごとに結果を紹介していきます!

 

1種目目:モンスターボックス

 

 

モンスターボックスは跳び箱競技です。

スポーツNo.1決定戦の頃からの名物競技ですね♪

 

今回出場する池谷直樹さんが、モンスターボックス23段の記録を持っています。

その他、

  • ケイン・コスギ:22段
  • 佐野岳:20段
  • 森渉:20段

 

など、今回出場する選手たちは過去に素晴らしい記録を持っています。

今回はどんな戦いになるのでしょうか?

 

結果はこちらです!

 

  • ケイン・コスギ:18段
  • 池谷直樹:18段
  • 佐野 岳:19段
  • 森 渉:18段
  • コージ・トクダ:14段
  • 大倉士門:16段
  • 平田雄也:16段
  • 菅原 健:?
  • 武知海青:19段
  • 浦川翔平:15段
  • 佐藤嘉人:19段
  • 駒木根葵汰:16段
  • 塩﨑太智:15段
  • 富樫慧士:14段
  • 平原颯馬:14段
  • 小宮璃央:13段

 

1種目目のモンスターボックスの優勝者は19段の

 

  • 佐野岳
  • 武知海青
  • 佐藤嘉人

 

こちらの3名でした!

 

 

2種目目:クレイジーキャッスル

 

クレイジーキャッスルは今大会で初競技となります。

SASUKEのそり立つ壁やフェンス登り、網登りが組み合わさった総合競技でした。

 

新競技の初優勝者は誰になるのでしょうか?

 

結果はこちらです!

 

 

1組目

  • ケインコスギ→2位
  • 小宮璃央→4位
  • 塩崎太智→3位
  • 武知海青→1位通過

 

2組目

  • 駒木根葵汰
  • 平田雄也
  • 富樫慧士
  • 佐野岳→1位通過

 

3組目

  • コージ・トクダ
  • 菅原健
  • 大倉士門
  • 佐藤嘉人→1位通過

 

4組目

  • 池谷直樹
  • 平原颯馬
  • 浦川翔平
  • 森渉→1位通過

 

決勝

  • 武知海青→優勝
  • 佐野岳
  • 佐藤嘉人
  • 森渉

 

2種目目のクレイジーキャッスルで優勝したのが

 

武知海青さんでした!

 

3種目目:ヘビープレス

 

ヘビープレスは重さ40kgのボックスを持ち上げ続ける競技です。

2分30秒の間に総重量160kgのビーズがボックス内に落下し、総重量200kgの重さを支え続けなくてはいけません。

ボックスが一定の高さまで下がると警告音が鳴り、それよりも下に下がってしまうと失格になります。

 

4人1組で予選が行われ、最も長く支え続けた1人が決勝に出場することができます。

 

スポダンの第5回・6回・9回大会で採用された競技です。

単なるパワー競技ではなく、持久力もかけ合わされたかなりキツイ競技ですね!

 

今大会では150kgまででした。

 

結果はこちらです!

 

 

1組目

  • ケインコスギ:126kg
  • 池谷直樹:47kg
  • 小宮璃央:1位通過
  • 浦川翔平:110kg?

 

2組目

  • 佐野岳:62kg
  • 富樫慧士:69kg
  • 武知海青:1位通過
  • 塩崎太智:108kg

 

3組目

  • 大倉士門
  • 平田雄也
  • 佐藤嘉人:1位通過
  • 駒木根蒼汰

 

4組目

  • 森渉:75kg?
  • コージ・トクダ:1位通過
  • 菅原健:92kg
  • 平原颯馬:85kg?

 

決勝

  • 小宮璃央:4位 58kg
  • 武知海青:2位 109kg
  • 佐藤嘉人:3位 ?
  • コージ・トクダ:優勝

 

 

3種目目のヘビープレスに優勝したのが

 

コージ・トクダさんです!

 

 

3種目目終了時の総合ポイント順位はこちらです。

 

 

順位:ポイント名前
1位:290武知海青
2位:250佐藤嘉人
3位:220佐野岳
4位:205森渉
5位:195ケインコスギ
6位:190コージ・トクダ
7位:大倉士門
8位:駒木根蒼汰
9位:池谷直樹
10位:塩崎太智
11位:浦川翔平
12位:平田雄也
13位:小宮璃央
14位:富樫慧士
15位:菅原健
16位:平原颯馬

 

 

4種目目:ハードジャンパー

 

ハードジャンパーは、回転するホイールに取り付けられた4枚のハードル(地上40cm)を飛び続ける跳躍競技です。

回転する速度は予選が1秒、決勝が0.8秒です。

 

4人1組で予選が行われ、最も長く飛び続けた1人が決勝に出場することができます。

 

スポダンの第4回大会以降採用されています。

 

ハードジャンパーは佐野岳さん、森渉さんが強いので見応えがありそうです♪

>>佐野岳のスポダン歴代成績一覧!優勝回数や各競技の記録も紹介!

>>森渉のスポダン歴代成績一覧!優勝回数や各競技の記録も紹介!

 

結果はこちらです!

 

1組目

  • 池谷直樹:4位
  • 武知海青:1位通過
  • 佐藤嘉人:2位→133回
  • 駒木根葵汰:3位→132回

 

2組目

  • 平田雄也:3位→75回
  • ケインコスギ:4位→62回
  • 塩崎太智:1位通過
  • 平原颯馬:2位→82回

 

3組目

  • 大倉士門:2位→113回
  • 佐野岳:1位通過
  • 菅原健:3位→102回
  • 小宮璃央:4位→95回?

 

4組目

  • 浦川翔平:2位→179回
  • 森渉:1位通過
  • 富樫慧士:4位→90回?
  • コージ・トクダ:3位→100回?

 

決勝

  • 武知海青:2位→170回
  • 塩崎太智:3位→154回
  • 佐野岳:4位→138回
  • 森渉:優勝

 

4種目目のハードジャンパーで優勝したのは

 

森渉さんです!

 

4種目目終了時の総合ポイント順位はこちらです。

 

 

順位:ポイント名前
1位:380武知海青
2位:310佐藤嘉人
3位:305森渉
4位:290佐野岳
5位:240コージ・トクダ
5位:240大倉士門
7位:235ケインコスギ
7位:235塩崎太智

 

8位以下はここで脱落です。

 

5種目目:パワーウォール

 

パワーウォールは1対1の壁の押し合いです。

相手側の白線まで押し切るか、制限時間90秒終了時点で押した距離が多かった方が勝利する競技です。

この競技はスポダンの第1回大会から採用されています。

 

その名の通りパワー系の競技になるため、体格の優れた選手が有利な競技になります。

1対1なのでとても見応えがある競技ですね♪

 

過去には、関口メンディーさんと高畑裕太さんの名勝負が生まれました♪

 

 

結果はこちらです。

 

■1回戦

  • 1組目:武知海青VS塩崎太智
    勝者→武知海青

 

  • 2組目:佐野岳VS大倉士門
    勝者→大倉士門

 

  • 3組目:佐藤嘉人VSケインコスギ
    勝者→ケインコスギ

 

  • 4組目:森渉VSコージ・トクダ
    勝者→コージ・トクダ

 

■準決勝

  • 1組目:武知海青VS大倉士門
    勝者→武知海青

 

  • 2組目:ケインコスギVSコージ・トクダ
    勝者→コージ・トクダ

 

■決勝

  • 武知海青VSコージ・トクダ
    勝者→武知海青

 

5種目目のパワーウォールで優勝したのが

 

武知海青さんでした!

 

 

5種目目終了時の総合順位はこちらです。

 

順位:ポイント名前
1位:480武知海青
2位:380佐藤嘉人
3位:375森渉

 

4位以下はここで脱落です。

 

最終種目:ショットガンタッチ

 

 

ショットガンタッチは最終種目として行われます。

こちらの競技もスポーツマンNo.1決定戦の頃からの名競技ですね♪

 

離れた距離からボタンを押し、10mの高さから落下するバレーボールをタッチする競技です。

距離は自己申告制なので、少し特殊な競技ですね。

 

今回出場する選手の中で最も好記録を持っているのが、ケイン・コスギさんです。

距離は13m10cmであり、これは芸能人記録として最高記録となっています。

 

また、佐野岳さんが12m80cmを記録しており、これはスポダンでの最高記録となっています。

 

今回も見応えのある戦いになりそうですね♪

 

 

結果はこちらです。

 

 

  • 武知海青
    11m00cm:成功
    11m30cm:成功

 

  • 佐藤嘉人
    12m10cm:成功
    12m40cm:失敗

 

  • 森渉
    12m20cm:成功
    12m40cm:失敗

 

 

最終種目のショットガンタッチで優勝したのが

 

武知海青さんでした!

 

 

そして最終順位はこちらです!

 

順位:ポイント名前
1位:武知海青
2位:森渉
3位:佐藤嘉人

 

 

 

\2週間の無料トライアル/

Paraviでスポダンを視聴する

無料体験はいつでも自由に解約OK!

 

 

まとめ

 

以上、「最強スポーツ男子頂上決戦(スポダン)2022の結果や優勝者は誰?」と題してまとめましたがいかがだったでしょうか。

 

総合順位はこちらでした。

  • 1位:武知海青
  • 2位:森渉
  • 3位:佐藤嘉人

 

私の予想は佐野岳さんですが、あなたはどう予想しましたか?

 

 

 

※本ページの情報は2022年3月24日時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
TV番組
気まぐれまとめサイト